昭和33年より味を守って三代目。
昭和33年から北海道札幌にその歴史を刻み続ける 三代目月見軒

今を去る50余年前、札幌にみそラーメンが生まれました。当時、札幌の三大割烹のひとつに算えられた割烹「三筋」の店主、中澤豊次郎氏がその腕や技をラーメンにそそぎ込み、当時のススキノ南3丁目にラーメン店を出したのが月見軒の始まりでした。
昔ながらの本格的なラーメンの味を持つ店が少なくなってしまった昨今、札幌のラーメン本来の味、初代月見軒の味を今に甦らせました。

お取り寄せ通信販売